2011年10月24日

Windows7の標準フォントが汚い

FM-V LIFEBOOKをデスクトップ化する為、マウスとキーボード、外部ディスプレイを接続しました。
外部ディスプレイはHDMIにて接続を行いました。HDMI接続なので、サウンドも外部ディスプレイに内蔵されているスピーカーからサウンド出力できます。そんなショボいスピーカーの音は聞きたくないと思われる方もいらっしゃるでしょうが、拙者は殆ど音楽を聞かないので問題ありません。

さて、しばらくして気がついたのですが、Windows7の標準フォントがすごく汚いのです。FM-V内蔵の液晶画面の時は特に気が付きませんでした。
「PSからPDFへ変換」で紹介しました、ファイル管理ソフト「まめFile5」の「オプション」画面のタブ部分の文字が非常に読みにくい(決して「まめFile5」さんが悪いのではありません)。気になってほかのソフトの表示を確認しましたが汚い。「コントロールパネル」→「デスクトップのカスタマイズ」→「ディスプレイ」で文字の大きさを拡大しても汚い。ClearTypeテキストの調整を行なっても汚い。「デスクトップのカスタマイズ」→「ウィンドウ グラス色の変更」→「デザインの詳細設定」でフォントを変更しても、標準のMS ゴシックに固定されている表示部分は変更できないので汚い。もう汚さが我慢できない程にイライラしてきました。

こんな時には、やっぱりインターネットを活用すべきですね。
「システムフォント変更 windows7」で検索しました。
「cobo's room on the blog」さんの記事にフォントを入れ替える手順が紹介されていました。こちらの記事を参照してMS ゴシックの入れ替えを挑戦。なお、皆様が実行する場合は自己責任となります。拙者や記事を紹介されている方は、たとえご自身のパソコンが動かなくなっても責任を取りませんので、動かなくなったら困るという方は絶対真似をしないで下さい。

「cobo's room on the blog」さんの記事のおかげで、入れ替えるフォントは作成できましたが、拙者の場合は既存の標準MS ゴシックフォントがシステムからバックアップフォルダに移動できませんでした。
仕方なくセーフモードで再起動してから、既存の標準MS ゴシックフォントをバックアップフォルダに移動しました。続いて、新しいmsgothic.ttcフォントをインストールして完了しました。後は、標準モードにて再起動。

FONT0.jpg


やっとあの汚いフォントから解放され、気分が晴れました。
このような時に凄くインターネットは便利だと感じます。エキスパートの方の情報が拙者でも閲覧できます。あの汚いフォントのままでは、きっとディスプレイやパソコンを窓から放り投げていた事でしょう。


Special Thanks - 「cobo's room on the blog」さんリンクを快諾頂き感謝ですm(__)m
posted by mtptr at 20:16| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン
この記事へのコメント
ご紹介頂き,ありがとうございました.
Posted by cobo at 2011年10月25日 19:41
coboさん、わざわざのご訪問ありがとうございます。

coboさんのブログをざっとで申し訳ないのですが、拝見させて頂きました。

モトリー・クルー、Led Zeppelinは自分にとっては懐かしい。今現在洋楽を聞く環境が乏しいので、たまにMetallicaのKill 'Em AllをiPodで聞いたりします。特にベースソロの(Anesthesia) Pulling Teethが好みです。

ほう、OpenOffice.OrgよりLibreOfficeですか。早速導入テストさせて頂きます。

こんな拙いブログですが、今後とも宜しくお願いします。
Posted by 管理人 at 2011年10月25日 20:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49226156
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック